« アブサン解禁というニュースを読んで | トップページ | 時間外取引問題の本質 »

2005/03/03

計算尺復刻

復刊ドットコムではないけど希望者を募って計算尺を復刻させようという企画が有るらしい。

企画が有るというか実際に希望者を募って179人集まったので200本発注したとか。

若かりし頃、無線技術者1級試験に挑戦したことが有ったのだが合否はさておいてw、当時の試験は電卓は使用禁止だったけれども計算尺はオッケーだった。問題用紙の注意書きにもそのように書いてった憶えがある。いまはメモリー機能が無い電卓であれば使用可能になっているのではないかと思う。

しかし計算尺の全盛期ははるか昔のことで私が前述した試験を受験するときには計算尺なんて学校の売店にすら売っていなかった。当時はポケコン全盛時代である。
なるほど、記事を読むと一般消費者向けの製品は30年ほど前に生産中止となっているので、全盛期は60年代後半から70年代前半のようだ。まぁその頃の私にはまだそんな高等数学なんて必要なかったしなw。

おそらく当時は対数とか平方根とか憶えていないと計算できないような問題は計算尺のお世話になったのだと思う。
ま、でも本当はテイラー展開とかを憶えていれば電卓も要らないのだが。三角関数にしろ対数にしろ計算式で導けるからたいしたものだ。発見したテイラーは偉い。もう詳細も憶えていないが。
で、テイラーってどこの人だっけ?

計算尺は一回も見たことないから見てみたいなぁ。直に触って使ってみたい。こういうガジェット(って言っていいのか?)は直に見て触るというのが非常にためになる。
値段も5000円ぐらいだから買ってみてもいいかも。残り21本の内1本買えるのだろうか。
でも記事には問い合わせ先が無い。そこがちょっと残念。知り合いがヘンミ計算尺に居るので聞いてみようと思う。

話は逸れるが、高等数学で学ぶ微分積分、テイラー展開、フーリエ展開(変換含む)、二項展開、オイラーの公式などなど、現在の工業数学では必要と思われるあらゆるものを網羅した参考書でお勧めなのがちくま学芸文庫の『オイラーの公式』。高校生の時にこの本に出会っていたらなぁ。
とは言っても初版が平成5年なので大学卒業直前ですけどw。まじでお勧め。実際私も昨年買った。
あれだけの濃い内容で1500円はお買い得です。高校生は持っていても損はしないと思う。大学でも使えるし。


|

« アブサン解禁というニュースを読んで | トップページ | 時間外取引問題の本質 »

コメント

TBさせていただいた者です。
資格者の方を探しております。
ご協力お願い致します。
取り急ぎお願いまで。

投稿: Sawacchi! | 2005/03/15 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51157/3149111

この記事へのトラックバック一覧です: 計算尺復刻:

» 至急求む「第2級陸上無線技術士」 [Blog=「Sawacchi抄」]
【募集広告】{/hiyo_please/} 第2級陸上無線技術士という資格保持者の方を、私のグループで探しております。 正確にはこの資格かこれ以上の資格の方も... [続きを読む]

受信: 2005/03/15 13:34

« アブサン解禁というニュースを読んで | トップページ | 時間外取引問題の本質 »