« ウォシュレットをアメリカへ送り込め | トップページ | ホンダが太陽電池事業に参入だって! »

2005/12/16

ヒト胚性幹細胞は捏造だったとさ

サイエンスに投稿した論文はあやしいと思っていたけど、まさかヒト胚クローンからの胚性幹細胞(ES細胞)研究自体そのものが捏造とまでは想像だにしていなかった。(参照:初のES細胞存在せず? 韓国の黄教授、論文撤回へ

韓国では黄教授にノーベル賞を!と騒いでいたが、僕個人としては羊のドリーや牛クローンとかはすでに実現しているので、ヒト胚性幹細胞の実現に関しては、倫理的にどうかということを抜きにすると、技術的には問題なく出来ると思っていたし、それがノーベル賞を取れるほどの研究とは思えなかった。それよりも倫理的にやってはいけないことに手を付けたという感じがして技術的な興味よりも嫌悪感が先行していた。

それが先月に韓国のあるテレビ局がヒト卵子をどうやって入手したのかという疑惑を報道してからというもの、教授は当初ヒト卵子は違法に入手していないという話だったのが研究員から提供してもらった(違法なのかどうかは知らないけれど何か問題が有るようだ)という話に変化したのが一ヶ月ほど前。
このときにはまだ倫理的に問題が有るということだけで、研究内容自体に疑義が生じていた訳ではない。確かに本当にできたのかという思いは僕個人の中にはあったのだが、それを疑うだけの論拠は出てきていなかったので、個人的感想で終わった。

しかし、先週にはサイエンスに投稿した論文の写真がPhotoshop等の画像加工ソフトで手を加えられていたことが発覚。このとき黄教授は『写真を間違えた』と釈明したいたが、2ちゃんねる辺りでは『これらの写真をこう回転させて、こう合成すると見事に一致する』という検証をするものが出てきて、単に写真を間違えて載せたという訳ではなさそうだという疑念が生じてきた。
それに加えて、サイエンスに投稿した論文の共同執筆者であるジェラルド・シャッテン米ピッツバーグ大学教授が『論文の内容に疑義が生じたから共同執筆者の名前を削除して欲しい』という要請が出ていた。

ここに来て昨日、黄教授自ら『ヒト胚性幹細胞は存在しない』と認めてしまったというニュースが流れた。つまりサイエンスに投稿した論文は捏造であったと本人が認めたいうことだ。もうヒト卵子を提供してもらったという話はどうでもよくなってしまった。

このニュースを聞いたときには非常に脱力した。あまりにも漫画的にアホらしくて現実とは思えん。
本当に成功したのか怪しいとは思っていたのだが、本当に捏造だったとはね。

韓国のアカデミズムはしばらく国際社会から相手にされないだろう。
ソウル大学、日本で言えば東京大学、の教授が論文を捏造して国際的に評価の高い論文誌であるサイエンスに投稿して採用されたということは、査読をパスするぐらい手の込んだ捏造ということになる。これは非常に悪質。

この黄教授の学者生命は絶たれたに等しい。韓国国内でも学者として生きてはいけないだろう。これまで黄教授にノーベル賞をと言って韓国国民は熱狂していたのだから、それを裏切った反動はどうなるのか想像できない。
最初にヒト卵子入手疑惑を報道したテレビ局の番組は韓国国民のバッシングにあい、その番組のスポンサーは不買運動まで起こされている

そこまで黄教授を応援していた人達は今回の報道を受けて今度は手のひらを返したように黄教授を責めるだろう。それに加えて韓国大統領から『政府も研究をバックアップするから疑惑を払拭して一日も早く復帰を』という言葉も貰っている。韓国政府としても面子を潰された形になったためにそのままにしてはおけないはずだ。

今日以降、彼のこれまでの実績も捏造だったのかという検証作業に入ることになると思う。過去にも国際論文誌にいくつも投稿しているだろうから、もしこれまでの業績にも捏造が有ったとすると、それらをリファレンスとして用いていた他の研究者にも被害が及ぶことになる。どれだけ他の研究者の論文に引用されているのか分からないが、引用数が多いとなると想像以上に影響が大きいことになる。

犬クローンも捏造なんじゃないのか?タイムで『今年のもっとも驚くべき研究』に選ばれているからタイムでも追っかけるかも知れない。

黄教授のバイオ研究のための新施設着工の前日(当日か?)にこんな報道が為されてまだ良かったんじゃないのかな。完成した後だと目も当てられない。

しかし一度投稿した論文なんて無かったことに出来るのかね?今さら回収できないでしょ?未来永劫全世界に恥が記録された証拠が残されるということになるんだと思うけど。

初のES細胞存在せず? 韓国の黄教授、論文撤回へ
2005年12月16日01時23分/朝日新聞
ヒトのクローン胚(はい)から世界で初めて胚性幹細胞(ES細胞)を作ることに成功したとの論文を発表していたソウル大の黄禹錫(ファン・ウソク)教授が、研究成果のES細胞は存在しないため、論文の撤回に同意したと韓国メディアが15日夜、一斉に報じた。韓国がバイオテクノロジー研究の象徴としてきたES細胞で、英雄扱いされてきた同教授の成果が虚偽だった可能性があり、韓国社会に衝撃が走っている。
これまで黄教授の研究に関する疑惑を追及してきたMBCテレビの午後9時のニュース番組によると、米科学誌サイエンスに発表した論文の共同執筆者の盧聖一(ノ・ソンイル)ミズメディ病院理事長が入院中の黄教授を見舞った際、教授が自ら語ったという。
盧理事長によると「黄教授は『ES細胞は今は一つもない』と話した」という。「論文を撤回した方がいいのでは」と尋ねたら、教授は「そのようにしよう」と答えたという。ES細胞をめぐる疑惑が表面化していたため、教授は疲労で入院中だった。
盧理事長はKBSテレビには「黄教授が作ったと主張した11個のES細胞のうち、9個は確実に偽物。残り二つの真偽は現時点では確認されていない」と話した。MBCテレビでは、黄教授らが研究員にデータの操作を指示したことを研究員から確認した、と明らかにした。
ソウル大医学部の研究副学部長は「ES細胞がないことを研究チームから確認した。今日は韓国科学界にとって『国辱の日』と宣言してもいい」と話した、と韓国の通信社の聯合ニュースは報じている。研究はいくつかの班に分かれて運営されたので、このような事態を招いたとの見方もある。
黄教授は韓国で「国民的英雄」の扱いを受けてきた。研究成果が「でっちあげ」の可能性が出てきたことは、韓国政府による「バイオ立国」政策がつまずくことになりかねない。黄教授の論文をめぐっては、元共同研究者のジェラルド・シャッテン米ピッツバーグ大教授が「論文の正確性に疑義が生じた」として、共著の論文から名前を削除するよう申し入れていた。

 「黄禹錫教授のヒト胚性幹細胞、存在しなかった」
2005/12/15 21:26 / 朝鮮日報
黄禹錫(ファン・ウソク)教授が2005年に「サイエンス」誌で発表したヒト胚性幹細胞(ES細胞)は、存在しなかったことが明らかになったとMBCが15日報じた。
「MBCニュースデスク」によると、ミズメディ病院盧聖一(ノ・ソンイル)理事長は15日、「黄禹錫教授チームの2005年『サイエンス』誌掲載論文にヒト胚性幹細胞がなかった」と語った。
盧理事長は同日、「午前9時30分ごろ、黄禹錫教授が入院しているソウル大病院を訪ね、黄教授が“惨憺たる思いだ”とし、このように語った」と話した。
盧理事長は「黄教授が14日夜、安圭里(アン・ギュリ)ソウル大教授にも同様の内容を話した」と述べた。また、黄禹錫教授と文信容(ムン・シンヨン)教授、盧理事長ら3名の連名で「サイエンス」側に論文を撤回するよう求めたという。

MBC「PD手帳」、黄禹錫教授の卵子売買疑惑を提起
2005/11/22 08:03/朝鮮日報
MBCの『PD手帳』が22日午後11時5分、放送される「黄禹錫(ファン・ウソク)神話の卵子疑惑」で、黄教授の胚性幹細胞研究に使われた卵子が「売買された卵子」という主張を提起する。
PD 手帳は今月21日、「黄教授の2004年『サイエンス』発表研究に使われた卵子の提供者らに会った結果、経済的理由で卵子を売買した女性たちがいた」とし、「把握している売買卵子の規模は、放送を通じて明らかにする予定」と述べた。MBCの関係者によると、「売買された卵子の量はおよそ600個に達する」と伝えられる。「卵子の売買」は、これまで黄教授が強調してきた「自発的寄贈」に真正面から対立する主張だ。
PD手帳では卵子提供者たちとの接触を通じ、クレジッドカード借金や自宅が競売にかけられる危機から逃れるため、あるいは小遣いを稼ぐためなどの理由で卵子を売買した女性のケースなどを紹介する。
PD 手帳側が取材した女性たちは全員、「卵子売買業社の斡旋で、ミズメディ病院で卵子採取手術を受けた」と主張した。特に150万ウォンをもらって卵子を販売したというある女性が、「卵子が不妊に悩まされる夫婦のために使われると聞いた」という内容の発言をしたと伝えられる。
また、PD手帳は卵子売買を自ら認めた盧聖一(ノ・ソンイル)ミズメディー病院理事長のインタビューも放送する。盧理事長はインタビューで、「黄禹錫教授は売買された卵子が研究に使われたという事実を知らなかった」「倫理的問題の認識はあったが、“国益”のために卵子提供問題を自ら敢行した」と明らかにした。
PD 手帳は昨年、英国のネイチャー誌が提起した「研究員卵子提供」疑惑についても取材を行なっており、疑惑が浮上している2人の女性研究員は「黄教授に聞いてくれ」と質問に応じなかったと伝えた。PD手帳は黄教授グループ研究の倫理性審議を担当する漢陽(ハニャン)大学臨床倫理審議委員会の承認過程も検証する予定だ。
チェ・スンホ責任プロデューサーは、「内部の情報提供などを通じて資料を確保している。3か月間の取材を終わらせて、神話化した黄教授の研究内容に触れるのが負担になったことも事実」とし、「シャッテン教授との決別以降、論争が拡がる中で、韓国科学界全体が疑いの視線を受けるより、公開した方がより大きな国益につながると判断して放送を決定した」と明らかにした。MBCは役員会議を開いて放送するかどうか論議したという。
また、他のMBCの関係者は、「今回の放送は黄禹錫教授を題材にした内容の第1部だ」と述べ、PD手帳の取材内容で明らかにしていない部分もあることを示唆した。

黄教授、「違法な卵子使ったことない」
NOVEMBER 09, 2005 03:02/東亜日報
警察が大手病院で行われている違法な卵子取引に対する捜査を進めているなか、ある病院の理事長が「違法な卵子取引の事実を知っていた」という趣旨の発言をした後、それを覆し、波紋が広がっている。
ソウル市内にある病院の理事長N氏(53)は8日、某テレビのインタビューで「不妊の女性への手術を行う当時、卵子取引の事実があるのを認知しながらも手術を行った」とし、「保健福祉部(福祉部)など当局も知っていたが、波紋が広がるのを懸念し、これまで隠していたものと聞いている」と話した。しかしN氏は番組が放送された後、記者会見を開き「マスコミで報道されたのは、意味が誤って伝えられたものだ。患者らが増えるにつれ(卵子売買などといった)問題が出てくるだろうと考えたとの意味だ」と翻意した。
これに先立ってN氏は東亜(トンア)日報の電話取材に応じ、「ES細胞を研究する初期の段階で、黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大教授側に20〜30の卵子を提供し、良い成果を得たことは事実だが、提供された卵子は実験向けとして供与されたものだ」と話した。N氏は、黄教授と共同でES細胞の研究に取り組んできた。
黄教授は同日、N氏のマスコミとのインタビューについて「ES細胞の研究で、違法に取引された卵子を使ったことはない」とし、「研究向けの卵子は、いずれも本人の同意を得て、寄贈を受けたものだ」と釈明した。
現在、黄教授は、韓国にES細胞のハブを設けることに関連し、研究者の集いに出席するため米国を訪問中だ。
一方、同日、ソウル瑞草(ソチョ)警察署関係者は「病院から入手した資料の中に、同意書が一部抜かれており、剰余はい芽の使途に関連した記録が不明であることから、捜査中だ」と話した。

研究員2人の卵子提供事実、黄教授も知っていた
2005/11/24 09:19 / 聯合ニュース
【ソウル24日聯合】ソウル大学の黄禹錫(ファン・ウソク)教授チームに所属する研究員2人が幹細胞の研究用に卵子を提供し、黄教授も2003年ごろからこの事実を知っていたことが確認された。黄教授は24日午後、ソウル大学で記者会見を行い、世界幹細胞ハブ所長職の辞任を表明したという。
ソウル大学獣医学部機関倫理審議委員会(IRB)の関係者は23日、聯合ニュースとのインタビューで、黄教授を3度にわたり調査し所属研究員らを対象に別途調査した結果、このように確認されたと明らかにした。
関係者によると、卵子を提供した女性は現職の医大教授と米国の大学に留学している研究員の2人。関係者は、「実験室の研究員らが胚性幹細胞(ES細胞)の研究過程で卵子が足りなかったため、自身の卵子提供を決めた」とし、卵子の採取過程で仮名を使ったことが確認されたと話している。当時、黄教授がこれを引き止めたにもかかわらず、卵子提供を「よいこと」と考えた研究員らが行動を実践に移したという。ただ、当時研究員らは15日間病院を行き来していたため、黄教授も気付いていたことが確認されたと説明した。
問題は科学専門誌「ネイチャー」が2004年5月号の記事で卵子提供疑惑を掲載したことから始まった。関係者は「研究員らとインタビューを行なったネイチャー誌が卵子提供事実を問題にし、そのとき初めて研究員らは自身の行動が問題になることを知った」と説明した。黄教授がそのとき「本当に卵子を提供したのか」と尋ねると、研究員らはこうした事実はなかったことにしてほしいと強く求めたという。これに対し黄教授は、研究員らのプライバシーを守り卵子提供者を保護すべき法的義務を果たすため、これまで事実を否認してきたという。
黄教授はしばらくは公式的な対外活動を控え、幹細胞研究に専念するとみられるが、黄教授が世界幹細胞ハブの所長職を辞任すると、世界各国が参加するハブネットワーク構築など今後のハブ発展計画に影響が出ると予想される。

MBCピンチ、卵子売買疑惑報じた『PD手帳』に抗議殺到
2005/11/25 16:24 / 朝鮮日報
MBCは全般的な視聴率不振に悩む中、黄禹錫(ファン・ウソク)教授研究チームの卵子入手問題を報じた時事番組『PD手帳』が大きな波紋呼び、MBCは開局以来最大の危機を迎えている。
ドラマをはじめ、すべての番組で視聴者離れがすすむなか、『PD手帳』の報道で黄教授が全ての公職から退く事態まで起きると、視聴者らの怒りが爆発。チャンネル・ボイコット運動までつながりかねない雰囲気だ。
MBCの掲示板には「放送局がつぶれる日まで不買運動する」、「PD手帳制作陣を国家保安法に基づいて処罰せよ」、「黄教授がノーベル賞を取れなかったら、全てのMBCのせいだ」など、過激な発言が殺到している。
国家の将来がかかった重大な問題で揚げ足取り、国益に莫大な損害を与えたことに対する責任をとらなければならないというのが多くの視聴者の意見。『PD手帳』の放送に対し、一部視聴者らは今月26日にMBC本社社屋前でキャンドル・デモを準備している。
MBC はドラマ『甘いスパイ』、『シンドン』、芸能バラエティ『日曜日、日曜日の夜に』のみ視聴率10%を超え、他の全ての番組が視聴率1ケタを記録している状況。問題とされているPD手帳放送後、MBCの視聴率はさらに落ちており、地上波の放送局なのかわからなくなるほどだ。
『音楽キャンプ』の性器露出事件、『歌謡コンサート』の尚州(サンジュ)圧死事件、ドラマ『甘いスパイ』の陰部露出事件など相次ぐ大型の放送事故もMBCに集中している。来年はじめには再攻勢用に準備していたコ・ヒョンジョン主演予定のドラマ『俺が悪かった』まで脚本の問題で放映延期の可能性が取りざたされるなど、文字通り四面楚歌の状態だ。
残念なことは、このような状況でもMBCが根本的な問題解決にとりかかるよりは、取り繕うことに汲汲としているということ。視聴者の怒りが鎮まる契機が準備されない限り、MBCは相当期間最悪の視聴率を記録し、ドロ沼から抜け出すのは難しいものと見られている。

黄禹錫教授報道に抗議 『PD手帳』スポンサー広告不買運動へ
2005/11/25 16:19 / 朝鮮日報
MBCの時事番組『PD手帳』にネチズンの抗議が殺到している。
24日、黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大学教授が卵子採取問題と関連し、すべての責任を負い兼職から辞退するという記者会見を開いた後、ネチズンはこの番組のスポンサー広告に対し「不買運動」を繰り広げるとしている状態だ。
現在、この番組の報道前後にCMを流している企業のうち、ウリム建設、DHLコリア、ピョンアン繊維、シンイル‐ハッピーランドマンションは契約期間の11月までCMを放送した後、12月1日からは中断することにした。
国民(クッミン)銀行、ウリ銀行、メリッツ火災保険、香港上海銀行は顧客からの抗議の電話が殺到、CMをほかの時間帯に変える方案をめぐり、広告代理店との話し合いを進めている。
番組の関係者は「現在、某銀行からCMの時間帯を変えて欲しいという連絡を受けたことをはじめ、CM中断を求める企業が相次ぎ、『PD手帳』には4社程度のスポンサー広告だけが残っている」とし、「ネチズンの不買運動が徐々に激しくなっている中、残りの4社もCMを続けるかどうか不透明な状態」とした。
この番組は22日の放送「黄禹錫(ファン・ウソク)神話の卵子疑惑」で、黄教授の胚性幹細胞研究に使われた卵子が「売買された卵子」という主張を提起している。


韓国大統領、卵子入手疑惑の黄教授「1日も早く復帰を」

2005/12/05 23:37 / 日本経済新聞
【ソウル=池田元博】
韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は5日、クローン研究の世界的権威でありながら、研究員の実験用卵子提供問題などで報道機関などから追及を受けている黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大学教授らの研究を政府が積極支援していく考えを表明した。青瓦台(大統領府)で開かれた首席補佐官会議で語った。
大統領は「教授が1日も早く研究に復帰し、研究結果を待つ難治療患者らと国民に希望を与えてくれるよう期待する」と強調した。卵子提供問題にも触れ「このくらいで整理されることを望む」と、国内に冷静な対応を求めた。

韓国・幹細胞研究の黄教授、卵子提供問題で謝罪
2005年11月24日19時49分 / ロイター
[ソウル]
韓国の幹細胞研究の第一人者であるソウル大学の黄禹錫教授は24日、記者会見で、自らのチームの研究員が卵子を提供していた問題について、科学を進歩させたいとの焦りから倫理的な判断をする目が曇ってしまった、と謝罪した。
黄教授は、同研究チームが誕生させた世界初のクローン犬「スナッピー」が米タイム誌の「今年の最も驚くべき発明」に選ばれるなど、クローン研究での功績により韓国の同分野の第一人者として知られる。
だが、米国人の共同研究者が、黄教授は倫理に反する方法で卵子を入手した、と批判し共同関係を解消して以降、同教授の研究をめぐりさまざまな疑惑が飛び交っていた。
黄教授は、「科学の発展に集中し過ぎるあまり、研究をめぐる倫理的な問題への認識が欠けていたかもしれない」と釈明した。
卵子提供問題に関しては、自分は提供の申し出を断ったものの、2002年と03年にチームの複数の研究者が卵子を提供した事実について今年の初めごろに気づいた、と述べた。
その上で、まだ技術が進んでいなかった当時、幹細胞研究には卵母細胞が必要で、自分が女性だったら同じことをしたと思う、と卵子提供者らの考えに理解を示した。
教授はまた、先月韓国で設立された世界的な幹細胞ハブの責任者を辞任する意向を表明した。
記者会見に先立ち、韓国保健福祉省は、同国の基準に照らして、卵子が提供された時点で法的、倫理的な問題はなかった、との見解を示していた。

05クリスマス468×60

05お歳暮468×60


|

« ウォシュレットをアメリカへ送り込め | トップページ | ホンダが太陽電池事業に参入だって! »

コメント

The personal loans suppose to be important for guys, which would like to organize their organization. In fact, it's very easy to get a term loan.

投稿: BIANCATate31 | 2011/08/22 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51157/7643913

この記事へのトラックバック一覧です: ヒト胚性幹細胞は捏造だったとさ:

» ウソツキ教授、国民的英雄から国賊へ−裏切り、仲間割れは半島の華 [涼風庵(人権擁護法案をGO FOR BROKE!!)]
いつもの「ウリナラは世界一」→「嘘が世界中から指摘され、自爆」→「火病」 という流れですな、やれやれ。 [続きを読む]

受信: 2005/12/16 21:30

» モノはいいよう […]
【ES細胞真偽問題】「国恥の日ではなく、祝祭の日」 韓国のこのポジティブシンキングさはなんなんでしょう? 結構いろんなところで被害出てますよね? 日本のどこかの大学もこの教授の説を信じてその後の研究計画を作りそれにのっとって研究を進めていたため、結構な....... [続きを読む]

受信: 2005/12/17 20:02

» ★Top-248:「ノーベル賞逃して“ES細胞ニセモノでもめでたい”? 湾岸戦争に負けた当時のフセインのイイワケにソックリだねェ…?」 [元・医学博士、現・野良医者「エバっちゃん」のツレヅレ健康雑談]
医学博士 & 野良医者、「Dr.江畑=エバっちゃん」です。ナンでこの国は、コンなに必死なんだろ、ノーベル賞受賞ってヤツに、さ? ◆さわるな! → 【★★の確認?】 ★【ES細胞真偽問題】「国恥の日では... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 09:14

» クローンを作って考えてみよう [夜明け前]
[続きを読む]

受信: 2005/12/19 01:21

« ウォシュレットをアメリカへ送り込め | トップページ | ホンダが太陽電池事業に参入だって! »